瓶中砂

By onsdwe452 at 25 days ago • 0 collector • 47 pageviews

瓶の中の砂は飢えと渇きの子供のようで、永遠に詰めきれない幻想と欲望があります。彼女は最初のような純真さがなくなりました。接触が多すぎて、これらのますます複雑なものに対していくつかの道理が分かりました。この三年間で一番大きな成果は何だと思いますか?いいえ、あるいはこのように言ったほうがいいと思います。一番達成感のあることは何ですか?その時はどう答えたらいいか分かりません。


振り返って考えてみますと、収穫はまだありますが、もっと多いのは無形から来るべきです。人生観、価値観、愛情観の変化、世界、視野、境界の開拓。もっとあるかもしれません。三年間、この脱皮の過程で、サナギを破った日は本当に耐えられなくて、少し痛くて、言葉では話せませんでした。この間、多くのことは経験してこそ分かります。今の状況に直面して、若い心はどの都市に落ちますか?牡蠣の中の真珠のように砂粒の研磨を経験しています。もしかするとこの時の自分は本当にある局外の環境のため自分のリズムに影響したべきでなくて、そんなに焦るべきでありません。


これらの日以来、思ったことは確かに多いです。多くなると麻痺し、神経が圧迫され、さらにひどいのは気が狂うということですが、私は再びこのような問題を恐れたことがありません。確かに、「言う」は私にとって一番欠けている面であると認めざるを得ません。今の時代には「言わない」という人がいるかもしれません。それはこの社会の主旋律に適応できなくて、主役になれないです。いわゆる私は淘汰を意味します。いや、ダーウィンはかつて言ったことがあります。

Requires Login

Log in
Information Bar
Bookmess.com is for Sale
Email: access@gps-host.com


*Partners welcome
*Ideas for monetization welcome
Loading...