ダブルワイヤーチョーカーやバングルは

By fashionheuer at 2020-04-14 • 0 collector • 174 pageviews

ビジネスリュックがほしいが、少しかしこまった場にも対応しているとなお良い……、という欲張りな方にはこちらがおすすめ。リュックの姿が基本ですが、ボトム部分のロールで背面を覆うことでブリーフケースにもスイッチできる優れモノなんです。見える部分のポケットも最低限に抑えたことで、デザインはいたっグッチ いちご財布 コピーてミニマル。内部にはPCスリーブをはじめとした収納をきっちり設けつつ、容量も22Lを確保するなどバッグとしての性能も申し分ありません。素材には上のアイテムと同様に「アンバイテックス」を使用しているので、悪天候下の出勤も安心です。

時間をかけて物を共に作るという概念からインスパイアを受けた、今季のジュエリーコレクション。ストーンペンダント、バングル、ブレスレット、チョーカー、リングなどが登場する。

ダブルワイヤーチョーカーやバングルは、自由に、そして自然に編み重ねたように、手作業で組み合わされたアンティークゴールドのデザイン。ペンダントコレクションには、特大のレッドガーネットのドロップレットチャームをあしらい、イヤリングには、左右非対称なレッドガーネットのドロップと、編まれたメタルフープを組み合わせている。

なお、これらスタイルは、光沢のあるパールを使用したアンティークゴールドと、メタル仕上げのアンティークシルバーでも展開する。

また、ローズシールが施されたネックレスは、手紙をワックスで封じるために使用されたビクトリア朝のホイールシールより着想を得たもの。チューダーローズを模した、花びらのディティールをあしらった中央のシールは、実際に手紙などに封をする封蝋印とグッチネックレスして使用することができる。

経糸に500D、緯糸に420Dのナイロン糸を2本ずつ引き揃えてオックス織りすることで、非常に堅牢に仕上げたオリジナルのコーデュラバリスティック素材を使用。それぞれ質感の異なる糸を使用しており、光沢を抑えたシックな空気を醸し出しています。肉厚なカウレザーとの相性も良く、スポーティさの中に確かな高級感が漂うコンビ使いは秀逸。フロントのロゴプレートにも経年変化を楽しめるメタルを採用するなど、“愛着”に訴えかけるモノ作りが的確に男の物欲をくすぐります。カジュアルシーンでも活躍が見込めそうな遊び心あるデザインは、ビジネスにおいてもこなれたジャケパンスタイルによく似合うはずです。


Requires Login

Loading...