サイズや年式による特徴のご紹介

By wmeakq789 at 14 days ago • 0 collector • 13 pageviews

エルメスの中で、最もポピュラーなショルダーバッグといえば「エヴリン」ではないでしょうか。

「H」のマークがパンチングされている独特なデザインと、肩かけでもカジュアルになりすぎない上品さは、まさにエルメスの革製品だけがもつ魅力ではないでしょうか。

ちなみに、エヴリンはフランス語で「生き生きとした」や「気持ちの良い」という意味があります。その名が示すように、革製品ではありながら見た目以上に軽く使いやすいバッグとして愛されています。

今回は、そんな、エルメスのショルダーバッグで最も歴史があるエヴリンについて説明していきます。

エヴリンのサイズ

エヴリンのサイズ展開は5つ。それぞれのサイズの特徴を説明していきます。

■ TPM

横幅18㎝、高さ20㎝程度のミニバッグです。以前はこのサイズにだけ、革製のショルダーストラップがショートとロングの2パターンで製造されていました。

現行のデザインでは、キャンバス生地のストラップになり、長さはロングタイプのみ製造となっています。

ミニバッグがトレンドになっているので、以前より需要が高まっているサイズといえます。




Requires Login

Loading...