大人が頼れるポロシャツ、3大ブランドとは

By fashionheuer at 9 days ago • 0 collector • 27 pageviews

大人が頼るべきは、老舗の『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』。『ラコステ』は名作「L1212」を持ってポロシャツを世に送り出した祖ともいえるブランドですし、『ポロ ラルフローレン』や『フレッドペリー』もポロシャツのパイオニアとして数十年君臨してきた実績があります。程良くカジュアルでありながら、幾度となく改良を施すなかで生まれてきた老舗ブランドならではの“品”も醸し出せるため、大人のコーディネートにおいて心強い味方となってくれます。以下では、各ブランドの特徴と鉄板アイテムをご紹介。来る活用シーズンに備えて、再チェックしましょう。


フランスのテニスプレイヤーであり希代の発明家でもあったルネ・ラコステ氏が、1933年にピケ素材の半袖シャツを開発したことがポロシャツと『ラコステ』ブランドの起源と言われています。バレンシアガ パーカー 偽物時代とともにコレクションの充実を図っており、スニーカーやバッグなどの小物も充実してきたことで、現代ではライフスタイルブランドとしての認知も高まっています。


「L1212」に代表されるオーセンティックなアイテムが多い『ラコステ』ですが、今回は大人の男性にこそ着こなしてほしい逸品を厳選。着るだけでコーデに品格を与えてくれるデザインばかりなので、カラバリで揃えておくのも良いでしょう。

まさにブランドのDNAを形にした、定番中の定番ポロシャツ「L1212」。単一の高級糸のみで編み上げたカノコ生地は薄手でしなやかながらも目の詰まった素材感が特徴で、ぜいたくな光沢と高い耐久性を持ち合わせています。あとの2ブランドと比べて長めの丈も特徴的で、すっきりとした印象に仕上がります。


1970年代に存在した、幻の“ハーフリブ”が日本別注で登場。モンクレール tシャツ コピーライン入りのリブが袖口の外側を半周、身幅側のリブはボディと同色に揃えた、珍しいディテールを復刻しています。素材、着心地は現代的に改良されているので、かつて愛用していた、という人もぜひ試してみてください。


ヨットシーンに合わせボタンを白色に変更した『ビームス』別注品。まるでラガーシャツのようにヘビーウェイトな生地や、今どきなオーバーサイズのシルエットなど、高感度なセレクトショップの手によるアップデートはさすがのひと言。


Requires Login

Log in
Information Bar
Bookmess.com is for Sale
Email: access@gps-host.com


*Partners welcome
*Ideas for monetization welcome
Loading...